サイトメニュー

利用目的などの基礎情報

女性

利用目的や向いている施術方法について

美容外科クリニックにはさまざまな種類の施術メニューがありますが、その中でも人気なのが二重整形です。なぜ人気になっているのかというと、それは、一重まぶたで悩んでいる人が多いからだと言えるでしょう。日本人というのは、白人などの他の人種と比べると一重まぶたの人が多く、その割合は日本全体で見ると7割に達するというデータもあります。一重だと、表情が暗く見えたりすることがありますし、日本人の美的感覚からするとネガティブな印象になってしまうことがあります。そのため、とくに女性の場合は、小さい頃から一重であることにコンプレックスを抱えているというケースも多いと言えるでしょう。それに目元というのは、顔の中で一番目立つ部分なので、美意識の高い女性にとってはより深刻な問題になります。ですので二重整形は、コンプレックスの解消や美を追求したいという目的で利用されることが多いと言えるでしょう。また二重に見せる方法は、整形手術以外にも、特殊な接着剤を使ったものやマッサージによるものなどが知られています。こうした方法はあまり費用をかけることなく手軽にできますが、確実な効果が得られるものではありませんし、基本的には一時的な効果しか期待できないものだと言えます。しかし二重整形であれば、費用は高くなってしまいますが、確実な効果を得ることが可能です。そのため、接着剤やマッサージといった方法を試してみたけどあまり効果がない場合や満足できないという場合にも、二重整形は有効な方法になると言えるでしょう。

二重整形と一口に言っても、埋没法と切開法の2種類がありますし、どちらが向いているのかということは人によって違います。まず埋没法は、メスを使わずに医療用の糸をまぶたに通すことで二重を作る方法であり、簡単な施術で済むプチ整形の一つとして知られています。埋没法が向いているのは、「費用をあまりかけられない」という悩みがある人や「ダウンタイムを短くしたい」という人だと言えるでしょう。整形手術というと、高額なお金がかかるというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、埋没法のようなプチ整形は比較的安く済ませることができるというメリットがあります。本格的な施術方法である切開法は25万円〜35万円程度が相場だと言われていますが、埋没法は7万円〜15万円程度が相場なので、切開法と比べるとかなり割安です。そして埋没法は、糸を通すだけの簡単な施術なので、通常の状態に戻るまでのダウンタイムも短くて済みます。次に「切開法」は、メスを使う本格的な施術方法であり、「半永久的に効果を持続させたい」という人や、「まぶたが厚くて埋没法ができない」という人に向いています。先ほど紹介した埋没法は、効果の持続期間が数年程度に限られているので、半永久的な効果を期待する場合は切開法を選ぶとよいでしょう。そして切開法では、まぶたの脂肪も同時に除去することができるため、まぶたが厚い場合は、埋没法よりも切開法のほうが有効だとされています。費用は切開法のほうが高くなりますが、脂肪でまぶたが厚くなっている場合は切開法を選んだほうがよいでしょう。

Copyright© 2020 理想の目を手に入れるには美容専門クリニックに行こう All Rights Reserved.