サイトメニュー

埋没法をする前に

鏡を見る女性

手術の申し込みや種類

まぶたを二重にする整形や目頭切開の手術、眼瞼下垂の改善など目元の美容整形をする前には必ず執刀する医師による診察とカウンセリングがあります。カウンセリングで先生に症状を診てもらえば自分にぴったりな手術が分かるし、不安な点や疑問点なども直接聞けるのでいい機会です。術後の経過や副作用などの説明も先生のほうからあるので、後々のトラブルを回避するためにもしっかり聞いておくことが大切です。どんな美容整形も失敗は許されないですが、特に二重など目に関しては顔の中でも一番大事なパーツなので当然失敗なんてできない大事な手術です。病院選びに失敗すると、いつまでも腫れが引かなかったり内出血が出たりなど後遺症が出る可能性があります。そうなってから後悔しないように、ちゃんと口コミなどを調べて入念にリサーチしてからカウンセリングを申し込むことが重要です。または、カウンセリングをするだけなら無料なので何件か候補を絞って申し込むこともできます。行ってみて直接話だけでも聞いてみれば、信頼できる病院かどうかわかります。手術をすることになったら必要なのが手術の同意書と手術に必要な費用などです。未成年者の場合、保護者の署名・押印入りの手術同意書が必要になります。当日必要になるのは診察料や手術費用、麻酔代やアフターケア代などを合計した費用です。手術当日にすべて現金で支払うか院内分割払いを申し込むか選べます。それ以外には、事前に予約金として手術費用の一部を振り込んでおくことを指定されるケースもあります。

少ない費用で自然な二重ラインを作れるのが埋没法という糸を通すだけの整形です。埋没法は目元の美容外科手術を取り入れている美容外科クリニックの多くで採用している定番の美容整形で、それだけ需要も多いです。まぶたの裏側から髪の毛よりも細い糸を通して、筋肉の動きに合わせて二重のラインが出来るようにするのが埋没法の基本です。それによって目をあけたときに一重まぶたの人でもぱっちり二重になり、堀が深いキュートな顔立ちに変身して好感度が高まります。埋没法というのは糸を使用する二重の美容整形というのは共通していますが、それぞれの病院で手術の仕方が異なります。「埋没法ならどこの病院でやっても同じ」というわけではないことは、よく理解しておくべきです。たとえば糸の種類も様々で、溶けない糸を使うケースではしっかりと結ぶことで効果が長持ちし、吸収糸を使うケースでは異物感がなくなります。また、糸の通し方や結び目の数でも埋没法の効果や持続力などが異なります。結び目の数が少ないと腫れも痛みも少なく、手術費用も比較的安いです。しかし、まぶたに厚みがあったり患部をこすったりすることで、糸が取れたり切れたりするリスクがあります。ずっと二重のままでいたい人に推奨されているのが、結び目の数を多くする埋没法です。結び目の数が多ければそれだけラインが安定して持続力が増します。ただしまぶたの表面に結び目がポコッと出てくると不自然な感じになるのが難点です。その辺は医師と相談してバランスを見ながら手術をすることで回避できます。

Copyright© 2020 理想の目を手に入れるには美容専門クリニックに行こう All Rights Reserved.